• HOME
  • /
  • 製品一覧
  • /
  • 医療、一般構造用タングステン線の提供およびフィラメントの2次加工

タングステンは、細線化が可能な材料で、高融点、高強度が特徴となっています。高融点の特長を生かし、従来から電球用発光体や放電電極、接点などで活用されてきました。最近では、細線高強度の特長が見直され医療分野への適用が進んでいます。直径5μmの細線化が可能で、強度はステンレスよりも高く、さらに、X線造形性に優れていることより、カテーテル、ガイドワイヤー部品として管腔部、血管などに挿入され、位置確認を容易にする用途が期待されます。詳細は、別添PDF「カテーテル」を参照ください。当社では、長年にわたり国内外のタングステン線の調達を実施してきました。ドーピング元素、レニウム、トリウム添加材、さらに材料としての強度、再結晶状態、加工し易さなどの知識・経験から、用途に応じた選択が可能です。

当社では、コイリングしたフィラメントの継線作業、溶接作業など2次加工も対応します。電球用途に限らず、分析機器、センサーなどのユニット作成の実績も増えてきました。機器製造のパートナーとして、ご活用ください。開発設計の段階から活用いただくことで、効率的な「ものづくり」に貢献いたします。

医療用に用いられるニッケルチタン線にタングステン線を巻き付け接合

医療用に用いられるニッケルチタン線に
タングステン線を巻き付け接合

電球用ステム継線加工

電球用ステム継線加工

溶接継線作業

溶接継線作業

Translate »